おまとめローン

MENU

なぜまとめるとよい??

複数のローンをおまとめローンでまとめると、利点がたくさんあります。
なぜまとめるとよいのでしょうか。

 

まず、完済へのモチベーションを保ちやすくなります
返してもなかなか終わりが見えない、こんな状態は返済しようという気持ちを保つのは難しいのです。

 

おまとめローンは返済方式などによって、段階的に借入残高を減らせるものが多く、計画的に返済を進めることができるでしょう。

 

次に、金利が下がることで返済額自体も下げられます
ただし、月々の返済が大変だからその額を低くしたいと希望する場合は、返済期間が長くなることで総返済額は大きくなってしまう可能性があるのです。

 

自分がローンを利用していて一番負担が大きいのは何か、それを解消できるおまとめローンはどのようなものなのか、これをシミュレーションなどで把握してから申し込みする必要がありますね。

 

他には、返済日が一つになることで、返済の手間も減らせます
返済回数が多いと、何年にも渡る返済期間となってしまうでしょう。

 

返済当初は「たいしたことない。」と思っていた手間がだんだん面倒になり、返済遅れにつながってしまうこともあります。
返済の手間をできるだけ減らせるおまとめローンを探しましょう。

 

現在のローンを利用している状況、借入残高、返済計画などによって最適のおまとめローンは違ってきます。
自分がどのようにおまとめをしたいのか、知っておくことでおまとめローンの利用がよりよいものとなるでしょう。

 

総量規制対象外の低金利ローンで借入することがコツとなります。
詳しくは・・・総量規制対象外のカードローンを比較!即日融資の審査スピード

 

おまとめで返済の負担を軽くしよう

おまとめローンを利用することで、返済の負担を軽くしましょう
返済の負担を軽くする方法は実は金利を下げることだけではありません。

 

確かに金利が低いローンで一本化すると、返済額も減らせるケースが多いです。
しかし、もともと利用しているローンと金利の差があまりない場合や、全額まとめられない場合にも返済負担を軽くできることもあります。

 

利用中のローンよりもあまり金利が下がらなかったとしても、返済方法が月に1回になることで、月々の返済額を減らせることがあります。
月々の返済額を減らすと、返済期間が長くなることも多いため、総返済額が大きくなるかもしれない点には注意しましょう。

 

毎月の返済額の負担を軽くしたい方は、月々の最小返済額が低めの設定のローンでまとめるとよいですね。

 

他には、返済方法を変えることでその手数料などの負担を軽くできることがあります。
いつもATM返済で利用手数料などを払っている場合は、返済手数料がかからない返済方法があるローンでまとめてみましょう。

 

また、ローン審査などによって、現在の借入残高を全額まとめることができないケースもあります。
この場合も、金利が最も高いローンから先にまとめることで、返済の負担を軽くできる場合も多いのです。

 

返済の負担と一口にいっても、このようにいくつかのものがあります。
もちろん返済中はお金を借りているという気持ちの負担も感じるものです。

 

おまとめローンの利用によって完済時期が早まったり、返済額が減ったりすることで、気持ちの上での負担も軽くできるとよいですね。

 

おまとめローンの安全性を確かめる大切さ

おまとめローンに申し込む前、必ずしなければいけないことがあります。
それは、安全か、安心できるかということの確認です。

 

安全なおまとめローンとは、銀行や正規の貸金業者などが取り扱っているものを意味します。
おまとめローンは、利用する金額が大きいことからなかなか審査に通らないと聞いたことがあるでしょう。

 

どんなローンも審査に落ちたとしても、その理由はわかりません。
そのため、何度も審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

 

そんな時には、なんでもいいから早く申し込んでまとめてしまおう、という発想になりやすいですね。
しかし、なんでもいいからというのは、やはり違法な業者に申し込みをしてしまうリスクを抱えています。

 

違法な業者は、リストを共有することができるのか、一つ申し込んでしまうと、次から次へと連絡が入ることになってしまうのです。

 

また、おまとめ詐欺のような案件にひっかかってしまう可能性もあるでしょう。
おまとめ詐欺では、お金を貸すためには保証金が必要だという説明などで、まず申し込み者にお金を振り込ませるものなどがあります。

 

お金を借りるのにお金を払うということは、冷静に考えればまずありえないと分かります。
保証料があるローンなどは、通常金利に含まれているため、借りる前にお金を振り込むというのは「なにかがおかしい。」と気づかなければいけないケースです。

 

いずれも、どうしてもまとめたいという気持ちが先行することで起こってしまうことでしょう。
申し込み前におまとめローンが安全なものかどうかを確認することは、とても大切なことになるのです。

 

カードローンでもまとめられる!

ローンをまとめるには、おまとめローンがよいと考えられています。
しかし、実際にはおまとめローン以外のローンで、借入を一本化することができるケースも多いのです。

 

代表的なものは、銀行や消費者金融のカードローンでしょう。
カードローンはお金を借りる目的を自分で決められるケースが多く、事業性資金やギャンブルが目的でなければ申し込みできるものがたくさん見つかります。

 

借り換えやおまとめにと、勧めてあるカードローンも増えていますね。
カードローンの限度額が大きなものが登場していますので、おまとめ目的の利用としては実は最適なのです。

 

他にはフリーローンや多目的ローンといったローンも、借り換えやおまとめ目的でも申し込めるものもあります。
全体的に金利は低めの設定が多く、有担保や無担保のものなど種類も多いのです。

 

おまとめしたい金額によっては、利用しやすいのではないでしょうか。
ただし銀行のフリーローンなどは、口座開設済みであることや、キャッシュカードを持っていること、来店契約など様々な条件が設定してあることもあります。

 

忙しい中、金融機関の営業時間に出向くのが難しいという方も多いでしょう。
カードローンなら、おまとめ目的であってもネットのみの手続きで利用できるようになるものもどんどん増えています。

 

ローンの申し込み方法、借入や返済の方法などを確認の上でどこのローンに申し込むかを決定しましょう。

おまとめローンで検索してみても、理想的なローンが見つからなかった場合は、検索範囲を広げてみることをおすすめします。